女性の医者

妊婦が気になる胎児の栄養面|葉酸サプリで安心しよう

不妊治療の希望の光

医者

不妊治療の1つ

不妊治療の1つの方法として着床前診断と言うものがあります。着床前診断は命の選択になりかねないという倫理的な面で問題となっていますが、不妊のために長く悩んでいる夫婦にとっては希望の光となります。不妊治療には排卵誘発剤を用いて排卵させ、排卵された卵子をとり精子と受精させ、受精卵になったものを子宮に戻す体外受精がありますが、着床前診断はこの過程の中で行われます。受精卵になり子宮に戻す前に、その受精卵に異常がないかを確認するものです。確認することで、流産の可能性を減らし、先天的な病気を防ぐことが可能になります。そのため、遺伝的に重症な病気を抱えている方や流産を何度も繰り返してしまう方にとっては、流産を防ぎ健康な子供を産むことができる可能性が高くなるため人気があります。

金額と倫理的な問題

着床前診断では、受精卵の段階で確認することができるため、男女の産み分けも可能になります。そのため命の選択になると問題にもなっています。またこの着床前診断の金額が非常に高額です。そして、必ず一回で妊娠に繋がるとも言い切れません。この診断をしても妊娠に至らないこともあります。しかし、他の治療に比べて妊娠の可能性は高くなるのは事実です。そして、受精卵の段階で流産を防ぐことができるので、女性の体への負担を確実に防ぐことができます。金額と倫理的な面での問題がありますが、長年不妊で悩む夫婦にはありがたいものです。またどうしてもこの着床前診断を用いて男女の産み分けをしたいという方は、アメリカでは男女の産み分けを禁止していないので行うことができますが、この場合渡航の費用もかかるため、費用は日本で行うものよりも高くなります。