女性の医者

妊婦が気になる胎児の栄養面|葉酸サプリで安心しよう

使用方法を守って治療する

看護師

用途に合わせて使用する

女性が自分の身体を守る為に使用されるのがピルであり、避妊の為やその他の病気を抑制する為に使用されます。ピルは経口避妊薬であり、日本では医師の処方が必要となり自費診療となります。ピルで得られる避妊効果は、毎日飲み続ける事が大切であり用法や用量を守る事が必要です。ピルには低用量ピルと呼ばれる副作用を軽減させた安全性の高い物があります。避妊効果の他にも生理痛の軽減や、出血量を減らす効果、更には不定期な整理を改善させる事が出来ます。服用するタイミングは他の薬のように、食前や食後など決まった時間帯は無くどの時間でも服用する事が出来ます。吐き気などを感じる人は、体が慣れるまでの間は就寝前に飲むなどの対策をする事が効果的です。

効果を知り治療する

ピルの効果は妊娠したようなホルモン環境を作り着床や排卵を抑制させる事が出来ます。どれくらいの期間服用したからという決まりはなく、継続して飲み続ける事が大切です。大阪の様に人が多く通院する婦人科では、副作用に関しての情報などから安全に服用する事が出来るように診断しています。大阪には多くの人が通院している為、どの様な状態の患者さんにどのような効果があるのかを分析する事が出来ます。乳がんや子宮ガンや血栓症などの大きな副作用にも、大阪の婦人科では対応する事が出来ます。頭痛や吐き気などのちょっとした副作用にも、大阪の婦人科では対応する事が出来ます。避妊の為やその他の理由の為にピルを使用する事は大切であり、医師の指導に従って使用する事が必要です。